『赤い風船』宿泊予約

2014年04月10日

鳴門の渦潮はいいですね

鳴門の渦潮は、船に乗って、観光することができます。
すぐ目の前に見える渦潮は、迫力があって、美しいです。
このあたりは、ワカメが名物で、鳴門産のワカメは、
とてもおいしいのです。

タグ:渦潮 鳴門
【淡路島 観光 渦潮の最新記事】
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
posted by 淡路島 at 18:16 | 淡路島 観光 渦潮

2013年04月13日

淡路島の春のランキング

淡路島の春のランキングは、
やっぱり、お花と渦潮ですよね。
ランキング形式にしてみると、


1
淡路夢舞台/兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」

兵庫県淡路市夢舞台4
0799-74-1200

淡路夢舞台には、いろいろ楽しめる施設が集まっています。
ホテルやレストランもあるし、きれいな花々を見れる温室植物園があり、
子供とのおでかけでも、家族みんなも満足できます。



あわじ花さじき

兵庫県淡路市楠本2865-4
0799-74-6426



淡路ハイウェイオアシス

兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
0799-72-0220


淡路サービスエリア「ハイウェイオアシス」は、
インターチェンジと淡路島公園が合体したかたち。

大きな観覧車に乗れば、
山も見えるし、美しい海も見えるし、天気がよければ最高です。
オアシス館や花の谷でもおみやげ、食事、も楽しめます。



うずの丘大鳴門橋記念館のうずしお科学館

兵庫県南あわじ市福良丙936-3
0799-52-2888

うず潮のさまざまなことがわかってしまううずしお科学館。
うずしおシアターでは、3D立体映像がみれます。
鳴門海峡の模型や、パネル展示で、渦潮を解説してくれてます。



パルシェ香りの館・パルシェ香りの湯

兵庫県淡路市尾崎3025-1

クチナシやライラックをはじめとして、
約150種類のハーブや芳香樹木が植えられています。
建物がおしゃれで異国っぽい雰囲気も楽しめます。

ハーブ館ではハーブを使っての面白い体験ができます。
例えば、リースづくりやアロマテラピー、香水作りなど。

大型遊具で、子供達もおおいに遊べますし、
香りの湯というのもあって、ハーブの香りのお湯を楽しめて、
レストランでは、ハーブティーやステーキハーブ料理を楽しめます。



そのほかにも、

伊弉諾神宮

兵庫県淡路市多賀740

主祭神は、伊弉諾(いざなぎ)伊弉冉(いざなみ)二柱の夫婦神
淡路国の一の宮。
パワースポットとしても有名。

伊弉諾神宮110504_0802~02.jpg


淡路ファームパーク イングランドの丘

兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
0799-43-2626

イングランドという名前の通り、英国風の景観の農業公園。
コアラなどもおり、動物とのふれあいや、植物を楽しめます。
パンやヨーグルトなど自家製グルメや体験教室もある。
遊びの広場ではゴーカートなどの乗り物がある。



淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)

兵庫県淡路市塩田新島8-5
0799-62-1192

世界の建築物18基を25分の1のミニチュアに縮尺した公園や、
海岸・河岸の景観を巡るワールドクルーズ、観覧車などがあり、
芝すべりという施設では、全長約45mの芝を滑り下りるという遊びもできる。

また、この芝すべりというのは、ふつうの公園などでは、
なかなかこういう施設はないので、子供達には大好評で、
滑り方によっては、結構スピードがだせるので楽しい。

幼児の場合は、親子でひとつのソリに乗れるので、
そう怖いこともない。

淡路ワールドパークONOKORO110504_1257~02.jpg




ちなみに、宿を探すときの参考に、
JTB公式サイトはこちらから ↓↓



家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!

【JTB】ファミリー旅行特集





タグ:観光 淡路島
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
posted by 淡路島 at 16:01 | 淡路島 観光 ランキング

2013年02月18日

淡路島観光ホテル

淡路島観光にあたって選んだホテルは、
洲本温泉、海月館でした。

北投石という、放射性物質ラジウムを大量に含んだ
世界中でも貴重な鉱石を使用したお風呂があるというので、楽しみでした。

北投石の特徴は、微量のラジウム放射線、ラドン、によるホルミシス効果
それに、マイナスイオンだそうです。

新しくて、気持ちいい露天風呂や、大浴場で、
子供達とともに楽しめました。
家族連れが多かったです。幼児でも大丈夫でした。

ちなみに、家庭のお風呂用の北投石を通販で買うこともできます。





家庭用天然ラジウム温浴器【玉川の花湯】
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
posted by 淡路島 at 23:05 | 淡路島 観光 ホテル